アダルトビデオ出演強要 被害者が証言

芸能活動などの契約など結んだ女性が、アダルトビデオへの出演を強要される被害を考えるシンポジウムが26日、参議院議員会館(東京・千代田区)で開かれた。会場では被害女性がビデオ・メッセージを通じ、被害の実態を詳細に語った。主催した人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)の事務局長、伊藤和子弁護士は「一人で抱え込まないで相談してほしい」となど訴えた。【撮影・丹治重人】

Posted by admin